読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラントの技術が

インプラントの技術が確立されてきた現在では、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、食べ物を噛む際に義歯がグラつくなどの事例もあります。これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることに起因することが多いといえます。インプラント手術の経験と実績のある歯科で治療をうけるようにしましょう。歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。その人工歯には、いくつかタイプがありますが、基本的にはセラミック製です。セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、専門スタッフである歯科技工士の技術に左右されます。熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスが必要不可欠です。いわば一点一点がオーダーメイドですから、それだけ、セラミックの歯というものは一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は治療費を確保してから始めなければなりません。保険適用の可能性もゼロではありませんが、厳しい条件を満たさなければならず、検査など、治療の一部しか保険が聞かないのがどうしても高額になってしまう原因です。安い材質、安い治療で済ませても十数万円、高価な材質を選ぶなどで費用が数倍にもなる可能性があることを覚悟した上で始めなければなりません。ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみでおこなうごく一般的なインプラント治療でも、当然、院内感染のリスクはゼロではありません。ですから、歯科医院を決めるときに院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが重要事項の一つになります。感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてウェブホームページの中で説明している歯科医院もごく普通になっているので、調べるときは参考になるでしょう。ブリッジや入れ歯にくらべ、インプラントでは噛んだ感じが自分の歯に近く、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはありがたみを実感する点です。自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったので歯が取れるのではと心配する必要はありません。インプラント全体も、ガムを噛向くらいでは何ともな幾らい丈夫に創られていることはいうまでもありません。もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化している1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)に分かれますが、インターナルタイプの方が最近はメジャーになっているのです。どんなケースであっても、インプラント治療をうける際に重視して欲しいのは歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。かなり専門性の高い外科的治療を要するので、数多くの症例を治療してきたなるべく経験豊富な歯科医に治療して貰うように努めて頂戴。また、それに加えて、治療と費用の関係をクリアにしてくれる、感染症予防策をはっきり示している、歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども歯科医を決めるためには重要なことです。最近メジャーになってきたインプラントですが、手術をうけるにあたって、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。この点は、歯科医の技量や、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、必ずこうだと言い切れるものではなく、結局、治療してみるまで分からないということになります。歯科で鎮痛剤の処方をうけ、患部を冷やすなどの処置で痛みが引く場合が多いですが、それでも痛みの治まる気配がないときは、すぐに担当医にかかり、診察をうけて頂戴。入れ歯で噛むと食べた気がしない、または単純に入れ歯は嫌という方には適用されるのがインプラント治療です。人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上にセラミックなどでできた人工歯をかぶせます。おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが入れ歯よりも見た目の自然さに優り、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきです。インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。チタンの他、セラミック、金といった人体への親和性が極めて高い素材から創られています。インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、ほぼ全額自費とみるべきです。ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは手術の前に、歯科医に相談するのが一番良いでしょう。
詳細を調べる